JOURNAL

Googleマップのデータをゲームに利用できるようにするとGoogleが発表

これすごいな。ゲームだけじゃなくて、色んな生活系サービスに使えるのでは。

Googleマップはオンラインで閲覧できる無料の地図サービスで、お店や観光地を始め、ビルの立体的な形状などさまざまなデータが使用されています。2018年3月14日にGoogleは公式ブログにて、G

情報源: Googleマップのデータをゲームに利用できるようにするとGoogleが発表

  
   YOICHI TAKAYAMA   

YOICHI TAKAYAMA

CEO/DIRECTOR

情報設計及びサービスデザインが大好きなWEBディレクター兼バンドマンです。 京都外国語大学外国語学部日本語学科卒。卒業後に上京し、システム開発会社を経てセガサミーグループに入社。コミュニティサイトやサービスサイトの企画立案、アクセス分析、ディレクション業務に従事した後、株式会社キャンビーザライトを設立。設立後は、大小様々な会社のWEB制作やプロジェクトマネジメントを請け負いつつ、ライブ情報共有サイト/アプリ、音楽系動画マッチングアプリ(ベトナム展開)、Vtuberファン向け番組表サービスなどをこれまで自社サービスとして提供、スペシャルティコーヒーのサブスクリプションサービスPost Coffeeの立ち上げに参画など、その活動は多岐にわたる。

WHAT WE DO

CBL の提供するサービス